風俗店はどうSNS使うべきか?

たくさんの人に情報が届く

集客効果を発揮できる

どんなお店なのか伝えよう

風俗店といっても、様々な種類のお店があります。
若い女性が多いお店、年上の女性に甘えられるお店など、コンセプトが異なるでしょう。
どんな店なのかわからないと、お客さんは行きたいと思いません。
お店の情報を、SNSに記載しましょう。
うまくSNSを使えば、お客さん増やせます。
しかし更新することを忘れないでください。

間違っている情報がSNSに記載されていると、実際のお店とは異なるのでお客さんからクレームが届きます。
するとすぐに、悪い評判が広まってしまうでしょう。
1度悪い噂が広まると、お客さんはどんどん離れていきます。
そこから信頼を取り戻すのは非常に難しいので、最初から正しい情報を載せて、信頼を失わないことを目標にしましょう。

出勤している女性の情報

本日出勤している女性を、SNSで紹介している風俗店が多いです。
その女性が目当てのお客さんは、進んでお店に来てくれるはずです。
お客さんに情報が届きやすい部分をメリットに感じて、風俗店ではSNSが使われています。
目当ての女性がいるお客さんがお店に行って、その人が出勤していないと無駄足になってしまいます。

出勤していない女性が、次に出勤するのはいつなのかSNSで伝えてもいいですね。
SNSは、気軽に見られる部分がメリットです。
出勤している女性の情報は、早めに掲載しておくのがおすすめです。
するとお客さんは、今日お店に行くか行かないか、スケジュールを考えることができます。
情報が分かり次第、新しい情報に更新しましょう。


このコラムをシェアする